Macで音楽クラブ九州ブランチ

Apple製品を使ったDTMユーザー交流グループ

定例会

モバイルDTM環境に最適なのはMac?それともiOSデバイス?

投稿日:

こんにちは!管理人の木原です。

ここでは5月に開催されたマックで音楽クラブ九州ブランチの第三回定例会の内容をまとめていきたいと思います♪

今回は参加人数が少なかったという事もあり、スタジオを飛び出して焼肉屋さんで会食をしながらDTM談義をしました。

【第三回定例会】
会場:焼肉大広苑
日時:2018年5月27日(日)

会場紹介!

第三回定例会

音楽のお話をする前に参加メンバーで訪れたお店の紹介をしておきますw

【焼肉大広苑】
会場:焼肉大広苑
住所:福岡県北九州市小倉北区京町4丁目3−13
電話番号:093-551-4866
営業時間:17:00~23:00
定休日:不定休

このお店は普通に焼肉の注文もできるのですが、おすすめはなんと言っても1,080円の焼肉定食です!

今回は参加メンバーが6名だったので6人前を頼んだのですが、来たのがこちらです!!

第三回定例会2

お肉、お野菜、ごはん、味噌汁、漬物が付いて一人1,080円ですよ!

第三回定例会3

おすすめのお店ですので、小倉に来られた時にはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

モバイル環境はMac?iOS?

さて、ここからが本題ですw

今回の定例会の中で大きな話題になったのが「DTMのモバイル環境について」でした。

特にiPadが登場して以降、様々なDAWソフトや音源がiOSデバイス向けに登場し、極めつけはAppleの純正アプリGarageBandでしょう。

GarageBandだけで演奏情報の入力はもちろん、オーディオのレコーディング、最近ではAIドラマーが曲の雰囲気に合わせてドラムを叩いてくれるという機能まで備わっています。

Garage Bandの画面

一昔前ならMac、MIDIインターフェース、オーディオインターフェース、音源、入力鍵盤、マイク、ミキサーなどなど、いろんな機材が必要だったものが、iPhone、iPadを購入すると無料でこれらの機能を使う事ができます。本当にいい時代になりましたねw

また、IK Multimediaなど、様々なメーカーがモバイルDTM環境用の製品を発表しており、今やどこに居ても音楽が作れるようになってきたと言えるでしょう。

ちなみに僕が持っているモバイル用のデバイスはIK MultimediaのiRig KEYSとLINE6のSonic Port VXです。

iRig KEYSとSonicportVX

iRig KEYSはiPadに入れた音源(Sample Tank)を使ってライブで使用しましたし、Sonic Port VXはiPadと繋げてボーカルの仮歌のレコーディングに使いました。

日々進化しているDTMのモバイル環境ですが、今回の定例会ではMacとiOS、どちらがモバイルDTMに良いのかという話題で盛り上がりました。

Logic Pro使いはiOSもアリかも!

LOGIC PROのアイコン

今回の参加メンバーの中では「やっぱり最終的な編集やミックスはMacでしたい!」という意見が多く、iOSデバイスだけで完成までもっていくという方は居ませんでした。

やはり数百ギガという膨大な音源ライブラリーや、WAVESなどの高品位のプラグインを使う事を考えると、どうしてもMacでの編集が不可欠になってくると思います。

そうなると、iOSデバイスで録音や編集をしたデータをMacに流し込む作業が必要になってくるのですが、その手軽さを考えるとMacでLogic Proを使っている方はアリかもしれません。

2つのソフトはどちらもアップルが提供しているという事もあり、GarageBandで編集、録音したファイルをそのままMacのLogic Proで開いて編集する事ができます。

出先でGaragebandでMIDIデータを作成しておき、帰ってきてからLogic Proで音源を差し込んでいくという作業もお手の物ですね。

しかし、他のDAWソフトを使っている場合はちょっと敷居が高くなります。

Garagebandで打ち込みをしていても、そのままのファイル形式ではDAWソフトで開くことはできませんし、MIDIデータだけを取り出そうとしてもGaragebandはSMF(Standard MIDI File)の書き出しに対応していませんし、抜き出す方法はあるにはあるのですが、ちょっとややこしいです。

この辺りの煩わしさを考えると、モバイル環境での制作でも、Macbook、Macbook Proを使って、直接DAWソフトを使って作る方が良いのではないかという話で決着がつきました。

モバイルDTMでどれだけできるかやってみよう!

今回の定例会の中の話では「モバイル環境でもMac使った方がいいよね!」という結論に至ったのですが、この話の流れでスタジオを飛び出して音楽制作をみんなでやってみよう!という話になり、なんとモバイル縛りの音楽合宿の話が持ち上がりました!

ということで、7月の上旬~中旬のどこかでMacbookやiPhone、iPadを使ったモバイル環境でどこまでできるのかを追求する合宿を開催したいと思います!

まだ詳細は決まっていませんが、バンガローを借りてバーベキューなども楽しみつつ、楽曲の制作やレコーディングなどをして行きたいなと考えています。夏ですしw

いろいろ決まったらこのサイトやFacebookでお知らせしていきたいと思いますので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね♪

それでは、今回も最後までお読みいただいてありがとうございましたヽ(*^^*)ノ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう







こちらの記事もおすすめ!

-定例会
-, ,

Copyright© Macで音楽クラブ九州ブランチ , 2018 All Rights Reserved.